2017年08月10日

9月8日の予定と新規情報

9/8 19時から希少がんセンターで行われる
希少がんMeet the Expert に参加予定です。
終わるのが20時30分を回ります。

他にお二人が参加可能とわかっていて、
一緒に19階のレストランで夕食をとることにしています。

9月8日(金)17時~18時30分
 国立がん研究センター中央病院 19階レストラン

 19階エレベーター前のフリースペースで持参の軽食をとることも出来ます


 当日の様子は、後にビデオと書き起こしで確認できますので
早々と満席になってしまったために参加できない方にも
情報は伝わります。

 8月のセミナーでは、新規プロジェクト「MASTER KEYプロジェクト」
についての説明もあることでしょうね。


 

<抗PD-1抗体の有効性を投与前にあらかじめ判明するバイオマーカー
可溶性PD-L1の測定を血液検査で開始します>

posted by ちーちゃん at 12:46| 東京 ☁| Comment(2) | ☆ つぶやき2 | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

WHO新分類が出たらしい

何かと引用されるWHO分類
変更されると言われていたものが出たらしい。
長村先生がブログに書かれている。



posted by ちーちゃん at 22:56| 東京 ☀| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

希少がん研究プレスリリース

posted by ちーちゃん at 17:28| 東京 ☀| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

お待ちかねの

先ほど検索して、見つけました!!

ソマトスタチン受容体陽性の進行性膵、消化管又は肺神経内分泌腫瘍患者を対象としたF-1520併用下でのF-1515の第1相臨床試験

http://www.clinicaltrials.jp/user/search/directCteDetail.jsp?clinicalTrialId=18732


posted by ちーちゃん at 19:24| 東京 ☁| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

ゲノム記事 次々

毎日 7/28

がん対策にゲノム活用 米シカゴ大医学部内科・外科教授、中村祐輔さんに聞く


アピタル

がん治療に「ゲノム医療」 費用や検査の質が課題


オンコロ

【集中連載】がんの革命?!プレシジョン・メディシン⑥ 

京都大学医学部附属病院などで進む「オンコプライム」を用いた遺伝子診断・治療とは(上)


日経産業新聞セレクション

がん治療解体新書 第2部   

(1) 難治白血病から9割生還

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO18653040Z00C17A7X11000/

(2) 免疫療法、日本流で進化

(3) 臓器内でがん細胞の索敵助ける友軍

(4) 治療費「1人7400万円」 高いか安いか

(5) 京大iPS細胞、がん免疫療法の切り札に

(6) 自殺遺伝子で副作用ストップ

posted by ちーちゃん at 23:56| 東京 ☁| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

リンク切れ訂正から疾患追加を発見

ゲノムスクリーンについて書いたもので、リンクが切れている引用があり

同一内容も残っていて、そこの記述はNECですが、
現在は、以下のページを読むと、対象疾患が拡大されているのが
分かったのです。前年度の様子から数の制限もあるのでしょうか?


「GI-SCREEN-Japan」の記述からの対象疾患
消化器原発の神経内分泌腫瘍/癌(NET,NEC,MANEC)

肺対象の疾患には、NET・NEC ともにありません。

オンコロに掲載されたASCOの発表

基本的なことを学べる特集記事
オンコロサイト
https://oncolo.jp/feature/20170308f 他を順次参照すると
現在国内での状況などがわかります。

  追加 (7/19) 
近畿大学のクリニカルシーケンスは
ただ今、無料で提供したいとしてクラウドファンディング中です


現在、目標400万円に対して達成率45%残り22日です

posted by ちーちゃん at 19:44| 東京 ☀| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

承認と治験情報

ランレオチド承認
パンキャンジャパンのHPに署名活動等のご支援を含めての
掲載があります。

メーカーの帝人ファーマのニュースページ

  • 「「ソマチュリン®」「CLARINET®」はイプセン社の登録商標です。」
  • とありますように、薬剤の名称1セット増えましたね。
販売名
ソマチュリン®皮下注120mg
効能・効果 膵・消化管神経内分泌腫瘍
用法・用量 通常、成人にはランレオチドとして120 mgを4週毎に、深部皮下に注射する


治験情報が更新されて詳しくなっています。

5月初めに気づいて、グぐってみても1相の試験についてなどの記載は
見つかりませんでした。

非機能性神経内分泌腫瘍患者を対象としたPDR001第II相試験 として
7月登録そして更新の情報があり、以前はなかった試験実施機関名、
国内4個所の記載があります。

そのうちの一つ、国がん東病院 以下

http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/clinical_trial/NET_01.html

 


 図はN社資料から借用

Noba.JPG















posted by ちーちゃん at 20:56| 東京 ☀| ◆ 情報 ◆ | 更新情報をチェックする